エンタメ・スポーツの最新トレンドニュース速報!

気になる最新の芸能ニュースやスポーツの話題を提供していきます

*

天海祐希主演ドラマ偽装の夫婦、第6話のあらすじ、ネタバレ情報!プライベートでの結婚は?

   

2015年秋ドラマの中でも元宝塚トップスターの天海祐希さん主演の毎週水曜日22:00放送のドラマ「偽装の夫婦」が人気となっています。
家政婦のミタなどの脚本を手がけた遊川和彦さんとのタッグということでストーリーや設定が面白く話題となっており、第5話では視聴率11.4%を記録し第6話の展開が気になるという声が多数あがっています。



また、天海祐希さんといえば独身女性としても有名ですがそんな天海祐希さんの結婚予定なども気になるのではないでしょうか?
ドラマ「偽装の夫婦」の第6話のあらすじ、ネタバレと、天海祐希さんの結婚予定などご紹介していきましょう。
356293_615

天海祐希プロフィール

天海祐希(あまみ ゆうき)
本名:中野 祐里 (なかの ゆり)
生年月日:1967年8月8日(48歳)
出生地:東京都台東区東上野
身長:171 cm
スリーサイズ:B83・W58・H88
血液型:O型

活動内容
1987年:宝塚歌劇団入団、月組配属し、6年後の1993年には月組トップスターに就任する。
1995年に退団後、芸能事務所フライングボックスに所属。
2003年に研音へ移籍し、女優として、テレビや映画、舞台などで現在活躍中。

ドラマ「偽装の夫婦」出演者一覧

嘉門ヒロ役(かもんひろ):天海祐希
陽村超治役(ひむらちょうじ):沢村一樹
水森しおり役(みずもりしおり):内田有紀
弟子丸保役(でしまるたもつ):工藤阿須加
名波八重子役(ななみやえこ):坂井真紀
郷田天人役(ごうだてんじん):佐藤二朗
原すみれ役(はらすみれ):柴本幸
須藤利一役(すどうりいち):田中要次
郷田照乃役(ごうだてるの):キムラ緑子
陽村華苗役(ひむらかなえ):冨司純子
48831131_480x320

「偽装の夫婦」第6話あらすじ、ネタバレ

前回放送の5話では、保に夢中な陽村超治に、ヒロが好きだという気持ちを伝えようとすると、超治は保に告白するために、家を飛び出してしまいました。
ヒロ「人生最悪の夜だ」と陽村超治の告白を後押ししてしまったことを後悔します。

気になる第6話は、保に告白すると言って出て行ってしまった陽村 超治のことが気がかりで仕方がない嘉門ヒロですが、翌日、ヒロは超治から、保と過ごした一夜について聞かされるが、自分の気持ちも伝えられず複雑な心境になります。

超治に振り回されたくないと思い、距離を置こうとするヒロだったが、しおりの前夫の母親が幼稚園にユウを迎えに来て連れて行ったきり、返してくれず、超治から「助けてほしい」と言われます。

ヒロは超治としおりを連れて、皆川と話し合いに行きますが、聞き入れてもらえません。
皆川はしおりに「もう一度やり直したい」と言い出します。
しおりは、皆川からDVやストーカーの被害を受けていたこともあり拒絶すると、皆川は態度を豹変させて逆上してしまいます。
嘉門ヒロは法律の知識を駆使してエリート弁護士である皆川と対等に渡り合うものの、さすがの嘉門ヒロも太刀打ちできずユウを取り返すまでには至りません。
ユウを奪われて悩むしおりを超治が「ヒロが取り返す方法を考えてくれる」と慰め、またしても頼りにされる嘉門ヒロ。
嘉門ヒロはユウを奪還するために、保の力を借りてある作戦を考えます。


天海祐希は結婚秒読み?

元宝塚トップスターの天海祐希さんは、高身長で整った顔立ち、隙のない雰囲気でデキる女やサッパリし役も多いせいか、
結婚の噂や恋愛などはあまり耳にしません。
実際、天海祐希さんへの以前の結婚へのインタビューでは、「結婚しても別々に住むならいい」「家に男は二人はいらない」などのコメントをしていました。

2003年頃に話題を集めた吉川晃司との交際は当時結婚秒読み?とも言われていましたが結婚には至らず、天海祐希さんが結婚願望がないようにも受け取れます。

しかし、2015年9月に真田広之さん(54)との食事デートが報道されました。
真田広之さんとは宝塚時代からの知り合いで、真田広之さんが日本へ来た時に、二人で食事をしている現場を何度も目撃されているようです。
今年のアメリカのアニメ「ミニオンズ」での吹き替えの仕事から関係が一気に深まったと言われています。
二人は旧知の仲、実際の所はどうなのでしょうか。

まとめ

毎回様々な展開と次の回が気になる「偽装の夫婦」ですが、なにかとタイミングが悪いのもこのドラマの見所の一つだと思います。
また、他人同士が絆を結んで行く様子を、応援するような気持で見て行くのも、このドラマの醍醐味かもしれませんね。
天海祐希さんの恋愛の続きも気になりますが、コメディチックでありつつも切ない「偽装の夫婦」第6話も見逃せません。


 - ドラマ