エンタメ・スポーツの最新トレンドニュース速報!

気になる最新の芸能ニュースやスポーツの話題を提供していきます

*

新・牡丹と薔薇キャストやあらすじ(ネタバレ情報)をご紹介!黛英里佳・逢沢りなにも注目

   

昼ドラ史上最も衝撃作として社会現象にもなった牡丹と薔薇が11月30日「新・牡丹と薔薇」として新たに復活します。
前作では最高視聴率は13.8%と昼ドラでは異例の高視聴率を記録、大河内奈々子さん演じる姉を執拗にいじめる、小沢真珠さん演じる妹から飛び出す「役立たずのブタ!」などのセリフや、姉と夫が浮気をした腹いせに妹が牛革財布を焼き食卓に出すなど衝撃的なシーンが印象的でした。
前作を上回るのかと注目を集めている「新・牡丹と薔薇」ですが、姉と妹には黛英里佳さん逢沢りなさんが挑みます。
新キャストについてや「新・牡丹と薔薇」のあらすじ(ネタバレ注意)をご紹介します。



「新牡丹と薔薇」放送期間と出演キャスト

11月30日スタートのあのドロドロ愛憎劇昼ドラ「新・牡丹と薔薇」の放送情報と出演キャストをご紹介します。
放送局:フジテレビ系列、東海テレビ
期間(全41話):11月30日~1月29日
時間:午後1時25分~午後1時55分 毎週月曜日~金曜日
脚本:中島丈博

新牡丹と薔薇 キャスト

小日向 ぼたん(こひなた ぼたん)役/黛英里佳 (役柄)バラ園経営者の崑一と眞澄との間の娘
小日向 美輪子(こひなた みわこ)役/逢沢りな (役柄)崑一と世奈子との間に産まれた娘
小日向(西山) 眞澄(こひなた(にしやま) ますみ)役/美山加恋(18?22歳)、伊藤かずえ(41歳?) (役柄)美輪子の実母
牧原 世奈子(まきはら せなこ)役/田中美奈子 (役柄)ぼたんの実母、崑一の元妻
小日向 崑一(こひなた こんいち)役/岡田浩暉 (役柄)ぼたん・美輪子の実父であり眞澄の夫  

メインキャストは上記の方々になります。
役柄を見るだけで「新・牡丹と薔薇」のドロドロ感が伝わりますね。
今回の「新・牡丹と薔薇」は前作とは物語も一新して生まれ変わり新たな愛憎劇が繰り広げられます。
「前作を上回るのは無理では?」との声も上がっていますが、脚本は前作と同じ中島丈博さんです。「新・牡丹と薔薇」放送日には80歳を迎える御大ですが、今まで中島丈博さん脚本の物語は衝撃性が強く話題を呼んできました。
今回も中島ワールドと新たなキャストで前作以上の「新・牡丹と薔薇」が期待できそうです。

「新・牡丹と薔薇」あらすじ ネタバレ注意!

ある事件をきっかけに出会ってしまう姉妹。
二人の運命は、複雑に絡み縺れていく……それはまるで、愛の象徴と讃えられる薔薇の園に、花の女王と謳われる牡丹が、誘われ迷い込むように。
出典:東海テレビ

新・牡丹と薔薇あらすじ

物語は、ぼたんの母である眞澄の高校生時代に遡ります。
眞澄が18歳の時、交通事故死した恋人藤岡との間に授かった子供を妊娠しましたが、一人では育てることができないと判断した真澄は、子供を養子に出す決意をします。

数年後、大学生になった眞澄は、前妻との間に4歳の娘がいる小日向崑一と知り合い結婚します。
名前は小日向ぼたん、眞澄は自分が養子に出した娘と年が同じであるぼたんを我が子のようにかわいがります。
真澄と崑一との間にも子供が生まれ、薔薇の様に気高く美しい娘にと美輪子と名づけました。

それから18年後美輪子は祖父の墓参りに向かい、墓地の管理人である吉田多摩留に出会い多摩留の積極的にアプローチにより、美輪子と多摩留は恋人となります。

しかし、母・眞澄の猛反対により二人が強引に別れさせられてしまいます。
納得のいかない多摩留は、ストーカーのように美輪子を追い回し、次第に美輪子に対して殺意が沸きあがってきた末に事件が・・・。

第一話のあらすじはここまでになります。
第一話から既に複雑に絡み合ったあらすじになっています。
しかしまだまだ物語は始まったばかり、どのような展開になっていくのか楽しみです。



黛英里佳・逢沢りなが演じる「新・牡丹と薔薇」

「新・牡丹と薔薇」では姉のぼたんを黛英里佳さん、妹の美輪子を逢沢りなさんが演じます。
お二人の事を良く知らない方のために、黛英里佳さん、逢沢りなさんがどんな方なのかをご紹介します。

黛英里佳

新ぼたん・黛英里佳(まゆずみ えりか)(31)
2009年2月から「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)の人気ドラマコーナー「辞令は突然に…」で「東はるみ」役として注目されています。それを聞くと黛英里佳の事を実は知っていた方も多いのではないでしょうか。
「秘密のケンミンSHOW」では明るいキャラクターを演じる黛英里佳さんですが、「新・牡丹と薔薇」では全く異なる愛憎劇を演じるという事で黛英里佳さんの演技に注目が集まっています。
ぼたんという大役に大抜擢された黛英里佳さんインタビューでは、「連ドラ初主演で緊張していますが、台本を読むと、この作品ならではのセリフが、出てくるたびに『キタッ!』とテンションが上がります。
最後まで頑張って作品と役柄に向き合っていきたいです。」と今回も凄いセリフが飛び出す事を想像させるコメントをしています。

逢沢りな

新美輪子・逢沢りな(あいざわ りな)(24)
衝撃的なセリフと迫力で牡丹と薔薇の見所でもあった小沢真珠さんのポジションは逢沢りなさんが演じます。
戦隊シリーズの『炎神戦隊ゴーオンジャー』で女優デビューを果たした逢沢りなさんは、CM、グラビアなど幅広く活躍しています。
以前バラエティ番組ゴッドタン(テレビ東京系)に「アイドル性格チェック」というドッキリ企画に出演した際に性格が良いと話題になりました。
しかし、それがキッカケで今回「新・牡丹と薔薇」の美輪子役に抜擢された際、ネット上では性格が良すぎると言われる逢沢りなさんに対し「小沢真珠を超える演技ができるのか?」と不安の声が上がっています。
逢沢りなさんはインタビューで「前作で薔薇役を演じられた小沢さんは同じ事務所の大先輩ですのでプレッシャーもありますが、視聴者の皆さんが『新・牡丹と薔薇』に釘付けになるよう、覚悟を決めて思い切り演じます!」と不安を押しのける前向きなコメントをしています。



まとめ

あのドロドロの愛憎劇が新たに『新・牡丹と薔薇』として復活するという事で第一話にはとても注目が集まっています。
社会現象にもなった昼ドラが再び見れると思うと今から楽しみですね。
あらすじでも第一話から早速波乱の予感、新コンビ黛英里佳さん・逢沢りなさんはどんな演技を魅せてくれるのでしょうか、前作を超える作品に仕上がっている事を期待しましょう。

 - ドラマ