エンタメ・スポーツの最新トレンドニュース速報!

気になる最新の芸能ニュースやスポーツの話題を提供していきます

*

ドラマ「スペシャリスト」草彅剛が主演!あらすじ、ネタバレ情報、キャストをご紹介

   

ジャニーズの人気アイドルグループSMAPの草彅剛さん主演の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」で第3弾まで放送されている「スペシャリスト」(テレビ朝日系)が1月~連ドラとして放送されます。
刑事ドラマとして人気のシリーズであり、第一弾視聴率は19.4%、第二段は16.1%、第三弾は14.8%と高視聴率を記録しています。
また、12/12にも第四弾が放送されますが、そちらも注目が集まっています。
1月から始まる連ドラ「スペシャリスト」のキャスト、あらすじ(ネタバレ)、放送日をご紹介します。


「スペシャリスト」放送日とキャスト

前3作全て高視聴率をマークした「スペシャリスト」連ドラ化が決定し、1月から放送されます。
タイトル:スペシャリスト(テレビ朝日系)
放送予定:2016年1月~
放送日:毎週木曜 夜9時~

●キャスト

宅間善人(たくま・よしと)/草彅 剛・・・
元・京都府警特別捜査係の刑事。冤罪で10年服役という超異例な経歴を持つ「犯罪者の心を知り尽くしたスペシャリスト」

姉小路千波(あねこうじ・ちなみ)/南 果歩・・・元・京都府警特別捜査係の主任。宅間とは逆に、本来の刑事の発想として「被害者の心に寄り添うスペシャリスト」

松原唯子(まつばら・ゆいこ)/芦名 星・・・元・京都府警特別捜査係の刑事。仕事の出来るいい女

野方希望(のがた・のぞむ)/和田正人・・・警視庁刑事部捜査一課の刑事。新設部署と一課のパイプ役

我妻真里亜(あづま・まりあ)/夏菜・・・警視庁刑事部総務課から、新設部署に転属。伯父が現警察庁長官という異色なバックグラウンド持つ

堀川耕平(ほりかわ・こうへい)/平岡祐太・・・元・京都府警特別捜査係の刑事。以前は警備部でSP、人とのコミュニケーションが苦手

滝道博喜(たきどう・ひろき)/吹越 満・・・警察庁警備部警備対策官だが、現在は警視庁に出向中。宅間の能力を活かすための部署を新設

「スペシャリスト」あらすじ ネタバレ注意

京都府警職員・宅間善人はある事件に巻き込まれ、無実の罪(殺人未遂罪)で10年間刑務所に服役していました。

10年の服役期間に、犯罪者の「犯行の手口」「犯罪に使う技能」「犯罪に走った背景や心理的傾向」などをすべて記憶するという、
いわば「犯罪心理のスペシャリスト」となりました。

冤罪が証明された宅間は釈放後、その能力を活かし府警に復職、新設された「特別捜査係」に配属されます。

新たな宅間の相棒として現れたのが、夫が事件に巻き込まれ殉職したという経験を持つ「被害者の心を知るスペシャリスト」
元捜査一課のおばさん刑事・姉小路千波でした。

「犯罪心理のスペシャリスト」と「被害者の心を知るスペシャリスト」が手を組み、数々の難事件を解決してきました。

12/12放送の第4弾では、大切な人の死に直面し、京都を離れることになります。
1月~の連ドラでは宅間は、自分を取り巻く大きな陰謀を暴くには、本丸=警視庁に乗り込むしかないと決意し、舞台は京都から東京に移ります。

東京にやってきた宅間は、まだ名前すらつけられていない”とある部署”に配属され、さらなる難解事件に挑みます。

あらすじ(ネタバレ)はここまでになります。
連ドラではこればでに、おなじみのキャストに加え新たに新レギュラー2名我妻真里亜(夏菜)&滝道博喜(和田正人)
が加わります。新旧メンバーの科学変化にも期待です。
また、まだすべては解けていない「なぜ宅間が冤罪になったのか」という謎は、第四弾、連ドラで解明されるようで、そちらも楽しみです。



人気シリーズ「スペシャリスト」主演 草彅 剛

2時間ドラマから連ドラが決定した事に主演の草彅 剛さんは「連ドラがスペシャルになることはよくありますけど、スペシャルが連ドラになるというのはなかなかなかったので、すごく嬉しいです。」と喜びを語りました。

確かに時間ドラマから連ドラは珍しく、土曜ワイド劇場からの連ドラ化は、人気ドラマシリーズ「相棒」と同じパターンなので、「スペシャリスト」が「相棒」のようにシリーズ化する可能性も期待できます。

超異例な経歴を持つ主人公を演じる草彅 剛さん、宅間という人物について、「宅間は冤罪で10年間刑務所に入っていたのですが、まずその設定自体とても斬新でぶっ飛んでいますよね」とコメント、演技については自然体であまり演技をしていないそうで、草彅 剛さんにとって宅間善人はまさに”ハマリ役”のようです。

さらに「スペシャリストをずっと楽しみに見ていてくれたみなさんにも、初めて見るみなさんにも絶対満足していただけると確信しています!」と自信たっぷりの様子でコメントしました。

前作まで高視聴率を記録している「スペシャリスト」、楽しみにしている人も多く第四弾、連ドラ共に高視聴率が予想されます。視聴者の期待も大きく、前作を上回る「スペシャリスト」に仕上がっている事が期待されます。

まとめ

人気刑事ドラマシリーズ「スペシャリスト」が連ドラ化決定し、毎週見れるのはとても楽しみです。
製作側には脚本に「相棒」シリーズを手掛ける戸田山雅司さん、監督には「踊る大捜査線THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間」の七髙剛三さんが手がけており、作品を手掛けるスペシャリストによって製作されています。
そう考えると本当に「相棒」のように、ドラマ「スペシャリスト」のシリーズ化も有り得るかもしれませんね。
12/12の第四弾、1月スタートの連ドラ「スペシャリスト」、是非チェックしたいと思います。


 - ドラマ